後ろの大臼歯(奥歯)のみ無い状態のとき、入れ歯やインプラントをしないほうがよいのではないかという考え方です。

「短縮歯列」(shortened dental arch:SDA)ともいいます。
少なくとも小臼歯のかみあわせがある両側あるいは片側の大臼歯(奥歯)2本程度無い場合、そのままでも下あごのかみあわせには影響が少なく、下あごの保持などの機能には問題がないとする考え方です。
入れ歯を入れることによるむし歯や歯周病の発症、歯が無いところのあごの吸収など副作用のほうが大きい場合もあります。

歯が無いところに相手方の歯が伸びてくることもありますが、かぶせもの(冠クラウン)を作り直したり、矯正的に元の位置に戻したりすることはできます。

入れ歯を作ってみて、数ヶ月挑戦して使ってみて、やはり無いほうがいいと判断するのも良い方法かと思います。

ご検討頂ければと思います。