当院ではストローマン社のインプラントとガイドシステムを導入しております。インプラントはSLActiveを用いており、早期に骨と結合し、埋入後上顎で2ヶ月、下顎で1ヶ月程度で冠を装着できます。冠(前歯部セラミック、臼歯部ジルコニア)やチタンの土台はスクリュー固定を用いております。
ガイドシステムの説明動画です。

CTや印象から得た情報から、専用ソフトウェアを用いて、治療計画を立て、説明させていただいたのち、施術させていただきます。

全身状態を確認するため、必要に応じて、血液検査も実施しております。
また、治療計画に基づいてサージカルガイドを作成致します。計画通りに骨に埋入できるため、ミスの少ない安全なインプラント埋入を行うことができます。

骨量が足りない場合は、抜歯窩に骨や人工骨(炭酸アパタイト(GCサイトランスグラニュール))を入れたり、骨造成や上顎洞底挙上術が必要となることもあります。その場合には、施術後半年程度経過してからインプラント埋入となります。

インプラントは、単歯や少数歯欠損には適した治療法です。また、総義歯を使用している方の中で、どうしても外れてしまい、不満を持っている方は、上顎、下顎それぞれ4本ずつインプラントを埋入して、固定式の総義歯も製作することが可能です。

当院ではインプラント体は五年保証、上部構造は二年保証致します。
インプラントを除去したい場合は保険適応のインプラント除去術があります。保証期間外で再埋入したい場合には、再度料金が発生します。脱落したインプラントを持って来ていただければ、埋入手術は半額と致します。
インプラントも経年的には、他の歯と同じく歯周病になり、歯が抜けてしまう場合があります。
また、重度のインプラント周囲炎になった場合、希望があれば、骨移植術と同料金で、再生療法を行うこともできます。しかし、時間と料金がかかりますが、撤去して、骨造成をやり直して、インプラント再埋入することの方が成功率が高いです。
インプラント周囲炎にならないようにするためには、他の天然歯と同様に日々の口腔衛生状態の維持が大事になります。メインテナンス、ブラッシング指導も行います。