根管治療の穿孔部のMTAによる閉鎖

MTAMineral Trioxide Aggregateは、強アルカリ殺菌性を持ち、生態親和性が高く、水酸化カルシウムを凌ぐ硬組織誘導能を持つ親水性の材料です。歯根の穿孔(穴があくこと)は虫歯が進行してしまった、治療中偶発的にあいてしまった、歯根吸収などの原因で起こります。穿孔が起こると顎骨への細菌感染など症状が重症化することがあります。穿孔部は止血可能であり、面積が小さければMTAにて封鎖することができます。逆に、MTAが滲出液や血液で硬化不良で閉鎖ができなければ、抜歯を選択することもあります。

MTAによる歯根の穿孔部の修復 1万円

天然歯のホワイトニング

白さが持続しやすいホームホワイトニングと短時間で負担が少ないオフィスホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するとより効果が得られます。

虫歯や歯周病がある場合は、そちらの治療が優先となります。ホワイトニング剤にアレルギーがある方や無カタラーゼ症の方、18歳未満の方、妊婦・授乳中の方は実施できません。

術後知覚過敏が生じることや後戻りをすることがあります。

マウスピース矯正中、同時にホームホワイトニングを行うことができます。

ホームホワイトニング 全顎 約2週間 2万2千円
ホームホワイトニング ジェル2本 5千円
オフィスホワイトニング 前歯16歯(上下8歯ずつ) 2回分 2万円 1回追加5千円
ウォーキングブリーチ(失活歯1歯)※上限3回まで 1万1千円

スポーツ用マウスピース

一装置 1万5千円〜

矯正またはインプラントの抜歯即時埋入の際の抜歯

大・小臼歯 7千円
前歯 6千円

自費の入れ歯(金属床)

金属床は上顎の総入れ歯で検討されます。熱が伝わりやすく、美味しい。薄いので、「さ行」、「た行」、「ら行」の発音の影響も出にくいです。上下総入れ歯がある場合、コピー(複製)入れ歯を作ることもできます。

自費の義歯を作る前にお試しとして保険で義歯を作ることをお勧めします。問題なければ、保険で作った入れ歯を参考にして、最終的な義歯を自費で作らせていただきます。

問題があれば、粘膜調整かむ位置の調整(下顎の臼歯部を平らなボックス状にして、かむ位置を決めていく)、咬合平面の調整(かみ合わせの高さを平らにする)、咬合挙上(低くなったかみ合わせの高さを上げる)などを行っていきます。良い状態であれば、その情報を参考に最終的な義歯を自費で作らせていただきます。

金属床の総入れ歯 金属床の部分入れ歯
前歯も臼歯も含む 前歯または臼歯
チタン
アレルギーがない、軽い、汚れにくい
23万8千(20万1千) 26万5千円 18万円
コバルトクロム
とても薄くできる、丈夫
13万3千(9万6千) 16万円 12万円

( )は選定療養の際の支払金額です。保険の支払いはいつも通りです。保険外併用療養費「選定療養」の為、保険診療と併用となります。選定療養で製作した総義歯は保険で修理することができます。

自費の入れ歯の修理・調整は自費(保険診療の10割負担)となりますので、ご了承下さい。

プラスチッククラスプ入れ歯

自費の入れ歯です。当院では、基本的に保険の義歯をおすすめ致します。クラスプの見える部位をプラスチックにできますので、審美的な仕上がりです。金属アレルギーがある場合、スペア用の義歯、前歯部のみの場合などの義歯製作に適しています。

見えないところは、金属のクラスプを使わせていただくこともできます。この場合、金属床とのコンビネーションになり、料金は合算されます。

希望があれば、ネームやイニシャル、自院のロゴを入れることもできます。

 

 

自費の義歯を作る前にお試しとして保険で義歯を作ることをお勧めします。問題なければ、保険で作った入れ歯を参考にして、最終的な義歯を自費で作らせていただきます。

問題があれば、粘膜調整かむ位置の調整(下顎の臼歯部を平らなボックス状にして、かむ位置を決めていく)、咬合平面の調整(かみ合わせの高さを平らにする)、咬合挙上(低くなったかみ合わせの高さを上げる)などを行っていきます。良い状態であれば、その情報を参考に最終的な義歯を自費で作らせていただきます。

ポリエステル エステショット

低吸水性や適合性に優れ、保険の入れ歯より硬いです。診療中の修理が可能です。
1〜4歯 6万円
5〜8歯 6万6千円
9〜11歯 7万2千円
12〜14歯 7万8千円
総義歯 8万4千円

自費の入れ歯の修理・調整は自費(保険診療の10割負担)となりますので、ご了承下さい。

その他

初診料 2,610円
再診料 530円
仮歯 5千円/1歯
診断料 5千円/1枚
保険会社相談料(30分まで) 5千円
3歳未満のフッ素塗布 5百円