ブラッシングは虫歯や歯周病の予防歯周病の治療に非常に重要です。虫歯は痛みを感じますが、歯周病は歯を支える骨が溶けてしまう病気で、痛みを伴わずに、気づかずに進行するので注意してください。歯周病の治療においては、ブラッシングがメインであり、歯科医師や歯科衛生士が行う歯石除去や手術や歯の固定などはサブと言えます。

歯と口の細菌や毒性物質が、むし歯が進んで歯根の先から、あるいは歯周病により歯肉から、唾液を飲み込むことで腸から、入り込み、循環器、呼吸器、消化器に広がり、ほぼ全ての臓器に慢性炎症を引き起こし、生活習慣病のリスクとなります。新型コロナウイルス感染など緊急時には免疫暴走、細菌性肺炎、敗血症(感染症による死亡につながる重大な臓器障害)のリスクがあります。したがって、お口の中を良質な口腔常在菌叢に戻し、その状態を保つことが大事です。

上図で示されている病気の他にも、歯周病原細菌が腸内細菌叢に影響を与えること、そのことが、関節リウマチや非アルコール性脂肪疾患、動脈硬化症、癌などを引き起こす要因となっていることが報告されています。

歯周病菌は、喉や舌を保護している粘液の糖タンパク質を溶かす分解酵素(プロテアーゼ)を出すため、ウイルスが受容体に吸着し侵入することを手助けしてしまいます。歯周病の治療が新型コロナウイルスやインフルエンザの予防となることが報告されています。

また、虫歯が進行して生じる根の病気や歯周病が、ウミがたまった膿疱(のうほう)と呼ばれる皮疹が手のひらや足の裏に数多くみられる掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)を作り出す原因となっています。

歯周病があると咀嚼能力(歯で食事する能力)が低下するという報告があります。歯周病の治療、入れ歯やブリッジ、詰め物、冠、インプラントなどの治療が歯で食事する能力を向上させます。咀嚼能力が低下すると、低栄養、糖尿病、メタボリック症候群、肥満、サルコペニア(骨格筋減少症)による骨折や寝たきりなど全身疾患にも影響することが報告されています。

したがって、定期検診やメインテナンス、虫歯の治療、詰め物や入れ歯などの作りもの治療も大事ですが、日々のブラッシングが最も重要です。そこで、日常のブラッシングの基本的な方法をお知らせしたいと思います。

歯と歯の間の汚れ(プラーク、歯垢)を除く方法の一つにフロスがあります。コンタクト(隣の歯とくっついているところ)を含めた歯全体の汚れがとれ、どの歯と歯の間にも入るので、万能といえます。

まず奥の歯面の汚れをとります。歯面の外側(頬側)に沿わせて2〜3回上下運動内側(舌側)に沿わせて2〜3回運動します。✖(ばってん)やクロスをイメージして動かしてみてください。

 

 

 

 

次に手前の歯面を汚れをとります。歯面の外側(頬側)に沿わせて2〜3回上下運動内側(舌側)に沿わせて2〜3回運動することで汚れが取れます。

 

 

 

 

少し歯ぐきの中にフロスを入れましょう。歯と歯ぐきの境目の汚れもとれます。詰め物があるところは、引っ掛けて外してしまわないように気をつけて、上下運動しましょう。上の大臼歯(奥歯)は鏡で見えないので、ブラインドの操作になります。一番奥の歯の面をガイドにして、その角度を保ったまま、一つ前の歯と歯の隙間にフロスを入れてみましょう。その要領だとブラインドでもフロスが歯間に入れることができます。

フロスを使わなくなってしまう理由は、主に二つあります。出血することと糸が切れてしまうことです。出血するのは炎症があるからなので、フロスで汚れをとると出血しなくなります。糸がどうしても同じ場所で切れる場合は、詰め物を作り変えて適合をよくしたり、隣の歯とのコンタクトを調整して切れないようにできますので、教えて下さい。

歯と歯の間の汚れを除く方法のもう一つは歯間ブラシです。細いサイズから試してみてください。手前と奥の歯面に沿わせて2〜3回出し入れするように動かして汚れをかき出します。挿入する角度を変えて、✖(ばってん)やクロスをイメージして動かしてみてください。歯間ブラシは大臼歯の根分岐部(根と根の股のところ)にトンネルができているとき(根分岐部病変)の清掃やブリッジの清掃に役立ちます。フロスでとれない凹んだ部分の汚れもとることができます。インレー(部分的な詰め物)が取れる心配があるところは、歯間ブラシを使うと良いです。

 

 

 

 

フロスも歯間ブラシも歯面に沿わせれば、一番後ろの歯の遠心面(奥の面)や孤立した歯や入れ歯と接する歯面の清掃にも使えます。フロスと歯間ブラシどちらが良いということはなく、使いやすい方を用いていただければ良いです。もちろん両方とも使っていただけると良いのは間違いありませんが。。。

その後、歯ブラシを用いたブラッシングを行います。フッ素入りの歯磨剤をつけてください。歯磨剤が原因で歯が磨耗するリスクは非常に少なく、使用する利益の方が大きいです。歯磨剤に配合されている顆粒は、ブラッシングによる清掃性を高めます。

歯ブラシの当て方を説明します。外側(唇頬側)は90度に当てます。内側(舌側)は45度に当てます。歯ブラシの先が歯面にあたっているかをよく確認してください。横に数mm振動させるように磨きます。この磨き方は歯肉へのダメージが少なく、プラークの除去がしやすい特徴があります。

前歯の裏側は縦磨きで汚れを落とします。縦方向に数mm振動させて磨きます。

一番後ろの歯の遠心面(奥の面)の汚れを落とすには、歯ブラシのヘッドを外側(頬側)から内側(舌側)へまわりこませます。この際少し口を閉じると、頬が緩んでやりやすくなります。内側からまわりこませる方法もあります。

歯が乱れているところは縦磨きが有効です。ストロークは小さくします。外側(唇頬側)は歯ブラシの先端を利用して、内側(舌側)は歯ブラシの最後端(かかと、トウ)を利用してブラッシングすると汚れを取りやすいです。

規則的に歯ブラシを歯面に当て、磨き残しがなくなるように、歯ブラシを当てる順序を決めておくと良いです。この方法を使うと、特定の歯の磨きすぎを避けることもできます。歯を磨きすぎると、歯肉が下がること(歯肉退縮)や知覚過敏が起こる可能性があります。

①裏側(舌面)と一番後ろの歯の遠心面(奥の面) ②外側(唇頬側) ③噛み合わせ(咬合面)

電動ブラシを用いるときは、歯ブラシをあてるだけで良いです。落とせるパワーとあてる時間を決めて(〇秒など)順序良く場所をずらしていきましょう。

上顎大臼歯の外側(頬側)だけプラークが残っている方がいます。口を閉じてブラッシングすると、そこにスペースが生まれて歯ブラシがとどきます。

歯の歯ぐきに近いところだけプラークが残っている方がいます。歯ぐきの感覚を研ぎ澄ませて、歯ブラシが触っているか感じてください。歯ぐきを触っていればその汚れがとれているはずです。

歯ブラシは毛先が広がったら交換してください、広がらなくても1ヶ月程度で定期的に交換してください。歯ブラシは消毒の必要はありません。よく水洗いして、立てかけて乾燥させて下さい。洗口剤は歯肉炎に対しては、効果があります。

さらに、汚れが落としにくいところに用いる補助器具があります。

ワンタフトブラシは、歯が乱れているところ、低い位置の親知らず(智歯)、入れ歯と接する歯面、孤立した歯、一番後ろの歯の遠心面(奥の面)、矯正装置のブラケットやワイヤーの周囲などの汚れをとるときに使います。

Proxysoftはブリッジのダミーの歯と歯ぐきの境目の汚れをとることに使います。

子供のブラッシングも大人と同じです。歯ブラシとフロスが主体となります。子供の仕上げ磨き10歳まで行ってあげるのが理想です。